マンションの壁の防音対策まとめ|3つの方法から選ぼう!

2019年5月17日

マンションの壁の防音対策を3つ紹介しています。

マンションの環境に合わせて最適な対策を行いましょう。

 

マンションの壁の3つの防音対策

マンションの壁の防音には3つの方法があります。

マンションの環境や画びょうが使えるのか同課などにより使い分けができますよ。

 

①フェルトパネル

フェルトタイプの防音シートは、軽くて扱いやすく、一人暮らしの女性にも気軽にできる防音対策です。

壁全体を覆ってしまえば壁から伝わってくる暑さや寒さを抑えてくれるので、温度調整グッズとしても活躍しています。

虫ピンを使って取り付けるので、壁に一切穴をあけてはいけないというマンションでは使用できませんが、画びょうくらいは刺してもいいというマンションであればかなりおすすめの防音対策です。

 

②シールタイプ

スールタイプの防音シートは、壁に穴をあけられない環境のマンションで大活躍します。

フェルトタイプと比べると薄目なことが多く、防音効果は若干下がる傾向がありますが、それでもその気軽な使いやすさで人気となっています。

壁がでこぼこしすぎているとシールがしっかり着かないことがありますが、一般的なマンションの壁であれば問題なくつく物件がほとんどです。

 

③突っ張り棒タイプ

突っ張り棒タイプの防音シートは壁に穴があけられず、シールもつかないという壁の防音グッズとして使用できます。

他の防音グッズと比べて重さがあり、一人で設置するには難しいという難点があります。

値段も高い傾向があるので、最終手段として突っ張り棒タイプがあるという認識でいいかと思います。

 

 

環境別のおすすめ

マンションの一人暮らしであれば、シールタイプを壁に貼って防音対策をするのがベストかと思います。

壁に穴をあける必要がないので、引っ越しの際も問題なく退去することができます。

 

シールタイプよりも高い防音性が欲しい!画びょうくらいの穴なら問題ない!という環境でしたらフェルトタイプがおすすめです。

シールタイプよりも防音効果が高くなる傾向があるので、より音を抑えたい時に活躍します。

 

シールが貼れず穴もNGという時は突っ張り棒タイプの防音シートを活用しましょう。

ただ、やはり最後の手段という印象が強いので、まずはシールタイプやフェルトタイプを試してみることをおすすめします。

 

防音

Posted by yamahiro