マンションの自転車置き場に潜む5つのトラブル。

歩くには遠いけど、車を使う程でも無い…

そんな時に自転車は便利ですよね。

今は小さな子供を乗せられる自転車も出ていて、街での需要は増えています。

そこで、マンションの自転車置き場を使う場合に注意したい事やトラブルについて調べてみました。

 

マンションの自転車置き場のトラブル

① 自転車の置き場所を大幅に変えられ、「盗まれた!」と勘違い

自転車が停めていた場所から無くなっていて(盗まれた!)と思ったら、実は別の利用者が遠い位置にどけていただけだった、というトラブルが多いそう。

賃貸の駐輪場は【みんなで場所を譲り合って使う】という暗黙のルールがある場合がほとんどなので、停めるスペースが無い時は少し位置をずらす事もあるでしょう。

ただ、大幅に位置を変えられると盗まれたと勘違いするケースも多いそうなので、停めていた人の混乱を招かない為に、大幅に位置を変えるのは避けましょう。

 

② 子供を乗せる自転車が大きくて邪魔で、自分の自転車が出しにくくなった

今は子供を前や後ろに乗せられる自転車も発売されていますが、頑丈で大きく場所を取りますので、置き場所に指定がある場合に隣の人の自転車が出しにくくなる事も考えられます。

他には、電動付き自転車も同じ事が言えますね。

大きな自転車を停める場合、予め管理会社に連絡して、なるべく端の方にしてもらう等の相談をしておくと良いでしょう。

 

③ 私物を置いている

駐輪場の私物の放置はトラブルの元だそう。

例えば、タイヤの空気入れ・掃除する雑巾やバケツ・サビ取りのスプレー管といった自転車に関する物を、使う時だけでなく常に置いていて邪魔だという報告が多いんだとか。

自転車に使う物ならまだしも、子供が使う遊び道具等を自転車周りに置いているケースもあるようですが、私物は使う時だけ持参し、放置しないようにしましょう。

 

④ 使わない自転車を放置

乗らない自転車を駐輪場に放置するケースも多いそう。

錆びる程古びていても、「いつか乗るかもしれないし…捨てるのも面倒…」と放置している人もいるのでは?

でも、その1台の為に他の自転車が停めにくくなっているかもしれません。

無料で回収業者が引き取るサービスもありますし、1000円以内で廃棄も出来るので、使用予定のない自転車は処分しましょう。

 

⑤ 自転車が倒されて、そのままになっている

狭い駐輪場の場合、出し入れする時に引っかかり、他の自転車を倒してしまう事も考えられます。

もし倒してしまったら放置せず、きちんと元に戻しましょう。

傷でトラブルに発展するケースもあるので、倒さないよう注意も必要です。

 

トラブルを回避するために…

賃貸物件での駐輪場はみんなで使う共有スペースですが、明確なルールがない場合が意外と多いので、自分では何気なくした行為が、他の人からしたら「何でそんな事するの?!」とトラブルになるケースも多いんだとか。

例えば、自分の自転車が出し入れしにくい時、他の自転車を横に少しずらすのは自然な行為ですが、実はそれが災いの元となってしまう場合もあるのです。

(少しくらい良いか)と軽く考えるのはやめて、共有スペースを気持ち良く使う為に、周りの使用者の状況を見極めていくのが賢明でしょう。

その他

Posted by yamahiro